債務整理を弁護士に依頼すべき理由と、そのメリットは?

様々な理由から多額の借金を抱えてしまい、返済できる見込みがなくなってしまった場合、早期に解決を弁護士に依頼することがおすすめです。

弁護士に相談するのは敷居が高い、弁護士費用が心配などといった理由から自分で解決をしようと考えていらっしゃる方もおられると思いますが、債務整理を弁護士に依頼することには大きなメリットがあります。

この記事では、債務整理を弁護士に依頼すべき理由とメリットについてご説明します。

債務整理とは借金問題を解決するための法的な手続き

債務整理とは、借金が支払い能力を超えるほどかさんでしまい返済が難しくなったときに、法的な手続きに基づき、借金の減額や免除、支払期間の延長等の手段をとることによって、借金問題を解決して債務者の方の生活を再建するための制度です。

債務整理の方法は大きく分けて3種類あります。

一つ目は、貸金業者と交渉して、借金の利息や月々の返済額を減らしてもらうことによって、無理のない返済をはかる「任意整理手続き」です。

二つ目は裁判所にすべての債務を免除してもらうための申し立てを行う「自己破産手続き」です。

三つ目は、裁判所に債務を大幅に減額したうえで、それを3年間から5年間かけて分割払いで返済していくことを申し立てる「個人再生手続き」となります。

弁護士に債務整理を依頼する理由・メリット

弁護士に債務整理を依頼する理由・メリットは、大きく分けて4つあります。

以下それぞれご説明します。

専門知識やスキルに基づくサポートが受けられる

債務整理は法的手続きですので、法律のプロである弁護士に、専門知識に基づいた解決策を提案してもらえるということは大きなメリットです。

例えば、3つの債務整理のうち、どの方法が適しているかは、債務者の収入額と借入金額によって異なりますが、債務整理案件を多く手掛けている弁護士であれば、あなたに最適な債務整理の方法を提案してくれます。

また、任意整理の場合の貸金業者との交渉も、交渉術にたけた弁護士に行ってもらうことにより、ご自身で交渉を行うよりも成果が期待できる可能性が高まります。

貸金業者からの直接の督促がとまる

債務者の方を精神的に悩ませるものの一つに、貸金業者からの厳しい督促がありますよね。

弁護士に解決を依頼すると、この督促を直接受けなくてよいというメリットがあります。

弁護士は依頼人から債務整理の解決について依頼を受けた場合、貸金業者に対して「弁護士介入通知」を送ります。

貸金業者の活動を規制する「貸金業法」上、貸金業者はこの弁護士介入通知を受け取った場合、それ以後債務者本人に対して、直接借金の返済を請求することができなくなります。(貸金業法21条1項9号)

万が一、貸金業者がこの規定を破った場合、貸金法上、2年以下の懲役または300万円以下の罰金という刑事罰や貸金業の免許の取り消し・営業停止という行政罰の対象にもなります。

そのため、依頼者の方は、弁護士に依頼した後は、煩わしい督促手続きに悩まされず平穏な暮らしをすることができるというメリットがあります。

また、借金をしていることを家族に秘密にしている場合、督促状などが自宅ではなく弁護士の事務所に届くので、その点でも安心です。

過払金がある場合に取り戻すことができる

日本には利息制限法という法律があり、お金を貸すときに付けることができる利息には法律上の上限があります。

お金を貸す側のほうが借りる側よりも圧倒的に立場が強いため、債務者が搾取されることを防ぐためにこうした法律があるのです。

ところが、悪質な消費者金融などの場合、利息制限法上の上限を無視してこれを上回る利息率でお金を貸し付けている場合があります。

このような場合であれば、利息制限法の上限を上回っている部分については、債務者はそもそも返済義務がありません。

債務者がこれに気づかずに支払ってしまっていることがあり、これを過払金と呼びます。

弁護士に相談をすれば、過払金の有無の判断、金額の計算、取戻しなどをスムーズに実現することができます。

過払金を残債務にあてれば借金問題が解決することもありますし、高利だった場合むしろ過払金が残債務を上回り、お金が戻ってくるという可能性もあります。

手間や時間を削減できる

債務者自らが、債務整理を自分で行うのは非常に大変なことです。

任意整理の場合は、貸金業者と自ら交渉をすることになりますが、貸金業者との交渉にあたって、取引履歴の開示を求めたり、利息の計算をしたりと煩雑な事務作業が必要となります。

法的整理である自己破産や個人再生の場合は、裁判所に対する申し立て書類の作成や裁判所への出頭が必要となりますので、専門知識がない一般の方がこれらの手続きについて一から勉強して、実施していくのには非常に時間がかかります。

また、時間をかけても、交渉や手続きがうまくいかず、必ずしもよい結果が得られないという可能性もあります。

弁護士に解決を依頼することにより、債務整理にかける手間や時間を、ご自身の生活再建のためにあてていくほうが建設的といえるでしょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

弁護士に依頼することにより、以下の4つのメリットがあります。

  • 専門知識・スキルに基づくサポートが受けられる
  • 依頼期間中に貸金業者からの直接の督促を受けなくて済む
  • 過払金がある場合取り戻せる可能性が高まる
  • ご自身で債務整理をする手間や時間を削減できる

弁護士事務所によっては、初回無料相談を受けている事務所もありますので、まずは気軽に相談をしてみてはいかがでしょうか。

相談は何度でも無料 取り立てストップ 借金問題は法的に減額・解決できます!

0120-849-216
メールでのご相談はこちら 24時間受付
トップへ